引き寄せの謎

本当は、私たちは自分の光明って腹の中の望みがかみ合っていないことが多いようです。意外と思われるかもしれませんが、初めて、立ち止まって自分の腹の中を覗いてみましょう。

たとえば、引き寄せの基準でて破格減量を願ってある顧客が、ダイエットサプリを買い漁る片方、甘いものを「それぞれお腹」と称して食べ続けるとか。言わば「痩せた〜い、けれども食べた〜い」という、アンビバレント(両面利益的)な考えに陥っているのです。

このように大なり小なり望みって矛盾する望みを抱えている顧客がいますが、望みは自分のビジョンってかみ合ってやっと飛躍に差し掛るのですや逆にいうと、望みと思いがシンクロ(意気投合、同期化)しないと実現し難いということを又もや心に銘記やるでしょう。
言わば、あなたも、望みが飛躍とめるなら、それは、他の何ものでもなく、自分自身に原因があるといった登録ください。そうして自分の望みを定めたら、その願望におかしい望みは排除しなければならないということです。
再度いえば、望みはそれと同等の小物、あるいはシンクロ(意気投合、同期化)やるものを引き寄せます℃滞り、心配やスリルは望み繁栄を阻むだけではなく、憂うべきことや恐れている意味自身を引き寄せてしまうかもしれないのです。